ひざサポートコラーゲンをたくさん摂れば摂るほど良いの?

コラーゲンは肌にも良いものですし、骨や軟骨にも良いと言われているので、たくさん摂った方が良いのではと思いますよね。

特に年齢を重ねてくると肌にもハリが無くなりますし、関節も動きが悪くなります。

コラーゲンはどんどん摂った方が良いのでしょうか。

【食品なので大丈夫?】

ひざサポートコラーゲンはサプリメントで薬ではありません。

機能性表示食品という食品です。

1日の摂取量は専用スプーンに2杯という量なので、それほど負担に感じることなく飲める量です。

しかし中には、たくさん摂った方が良いからと自分で勝手に量を増やして飲む人がいるようです。

食品だから大丈夫だと勝手に判断するようですが、このような摂り方はおすすめできません。

【毎日コツコツが大切】

一気にたくさん摂って、そして何日か摂らないというような摂り方はサプリメントの摂り方としては正しくありません。

ひざサポートコラーゲンは1日の必要量を毎日続けることで、良い効果が出るように作られているものです。

まとめてたくさん摂ってもすべてが吸収されないので無駄になってしまいます。

毎日決まった量を摂ることで体に吸収され、軟骨の生成を助ける効果が発揮されるのです。

コラーゲンはこんな食品にも!⇒コラーゲン豊富でコリコリ食感…知る人ぞ知る「ガツ刺し」とは? – NAVER まとめ

【注意書きを読むこと】

サプリメントなのだから大丈夫、と注意書きなどを一切読まない人がいますが、ひざサポートコラーゲンにも注意書きがあり、医師からたんぱく質の制限をされている人や体調によってアレルギーが出ることがあるなどが書かれています。

必要量以上の量を摂ると、このようなトラブルが起こる可能性があるので注意書きもしっかり読んで正しく使いましょう。